必要な納税証明書

建設業許可に必要な納税証明書について

建設業許可に必要な書類には、様々あり、その中でも納税証明書とはどのようなものなのでしょうか?法人の確定申告を有資格者である税理士へお願いする方も多くいます。確定申告は、建設業のみならず、法人経営の上において、申告と納税の義務があります。さらに、建設業許可を申請するにあたって、確定申告の決算書なども必要になるのですが、さらに納税を証明する書類というもの必要なのです。納税証明書とは、確定申告を決算期の2ヶ月後の末日までに申告と納税を行うもので、申告時に受け取る納付書で納付を行った後に、納税の証明を受けることが可能になります。

建設業許可を受けるということは、建設業界での信頼の看板でもあり、納税・申告も行い、公共工事や大きな工事も対応可能である国と道府県の許可を得ている証なのです。だからこそ、納税証明書もその証明に一役買うのです。建設業許可の納税証明書について、法人と個人の場合で少々異なります。法人の場合は、・税務署にて証明を受けられる法人税・道府県にて証明を受けられる法人事業税 個人の場合は、・税務署にて証明を受けられる申告所得税 ・道府県にて証明を受けられる個人事業税 以上が必要になります。

納税証明書をとるには、確定申告を行っている税務署と道府県の窓口にて申請が可能です。建設業許可を受けるために重要な書類であるため、確定申告もスムーズに済ませて、納税の準備を整えておくことで、安心して建設業の許可の申請の手続きに取り組むことが可能になります。つまり納税の見込みを決算期までに予測しながら、その資金繰りも調整を行うことが大切になります。申告はしたけれども、納税ができないのでは、納税の証明を受けることができません。毎月の月次資産や決算の予測を依頼している有資格者の税理士への相談をすることで、資金繰りや、納税の予測も可能になるため、建設業許可申請の代金のみならず、納税の金額も意識しながら手続きをすすめるように心がけてください。

建設業許可には、いくつかの必要書類があるため、その書類は、いつ用意できるものかどうか?ということを意識しながら、有資格者の行政書士への依頼を事前に行うことで手続きのときに慌てずにすすめていくことが可能になります。申告・納付期限を守る確定申告を目指して、納税の予測をして期限までに税金の納付を行い、建設業許可に必要である納税の証明書を迅速に十尾できるように心がけてください。